「おおもとピアノサロン」では、3歳から大人の方に向けて、楽しくピアノとフルートのレッスンを行っています。初心者の方から音大を目指す方まで、幅広くレッスン対応しています。
また、「人前で演奏したい」「ミニコンサートをひらきたい」という方のために約30名ほど入れるサロンのレンタルや、フリードリッヒ・グロトリアンを置いた個人レッスン室のレンタルも行っています。
”音楽を通して感性を豊かにし、感動を共有する。”
そんなお手伝いができればと思っています。

岡山市出身
岡山県立岡山操山高校卒業
同志社女子大学学芸学部
音楽学科ピアノコース卒業
11年間システム講師(Sライセンス認定)として勤めたヤマハ音楽教室を退任後、2010年に岡山市北区大元にレッスン&レンタルの「おおもとピアノサロン」をOPEN。ピアノのレッスンを通して、後進の指導・育成に尽力し、また、自身のピアノコンサートなど演奏活動を通じて音楽普及活動に力を注ぐ。おおもとピアノサロン創設後の活動として、2010年にサロンOPEN記念コンサート、翌年には東日本大震災チャリティコンサートを企画、出演。同年、ヒーリング音楽祭(大阪)にピアノソロ演奏で出演。門下生のための発表会も毎年行う。さらに、音楽を心理的に有効に活用する新たな試みとして、2011年秋に岡山初の音楽アロマ検定講座も開始。同年、より多く音楽愛好家を育てるためにフルート教室も併設。ブライダルピアニストとしても活躍中。4歳よりヤマハ音楽教室にてピアノを学び、山陽学生音楽コンクールピアノ部門2回入賞、PTNA、JOC、YPCなどジュニアコンクールにて受賞。岡山県新人演奏会出演。ソロリサイタル、ジョイントコンサート、声楽・管楽器の伴奏者としてのステージ活動を岡山、京都、大阪、ヨーロッパで行う。これまでに、中永洋子、安本久仁子、武田宏子、高野耀子、C.ソアレス、八尋直哉、杉谷昭子、A.ピサレフの各氏に師事。中学・高校音楽教諭第一種免許取得。PTNA指導者会員。PTC会員。

おおもとピアノサロンでは講師募集を随時行っております。講師募集についてはこちらをご覧下さい。

大森 由佳子
福岡県出身
福岡県立柏陵高等学校卒業
くらしき作陽大学音楽学部音楽学科
モスクワ音楽院特別演奏コース主席卒業
ロシアンピアノスクールin東京に第1〜4、6回参加。セルゲイ・ドレンスキー、
パーヴェル・ネルセシアン各氏のレッスンを受け、受講生選抜演奏会に出演。
倉敷と福岡にてジョイントリサイタル開催など演奏会に出演多数。日本ショパン協会
九州支部・推薦演奏会オーディション合格、出演。第7回ノーヴィ国際音楽コンクール
第3位受賞。第4回大阪ピアノコンクール第2位(1位なし)受賞。第21回レ・スプレンデル
音楽コンクールにて「審査員特別賞」受賞。第29回飯塚新人音楽コンクール入選。
第55回西日本国際音楽コンクールにて「NHK福岡放送局賞」受賞。第27回日本ピアノ
教育連盟ピアノオーディション関西E部門「地区優秀賞」受賞。
これまでに、アンドレイ・ピサレフ、渡辺陽子の各氏に師事。室内楽をアンドレイ・ジェルタノック、
伴奏法をヴァレリー・ゲラシモフ、教授法をウラジミール・オチニコフの各氏に師事。
平成16年より自宅やピアノ教室にて後進の指導にあたる。
大森 由佳子
岡山県出身
岡山県立岡山城東高等学校普通科音楽系卒業
岡山くらしき作陽大学音楽学部ピアノ科卒業
4歳よりピアノを始める。大学在学中3年生、4年生のときに特待生に選ばれる。
2005年、読売新人演奏会、関西新人演奏会、及び岡山県新人演奏会に出演。
中学・高校教員免許取得。これまでに、青木俊子、日高七重、竹内京子、山崎孝の各氏に師事。
現在、ブライダルピアニスト、合唱の伴奏者として活動中。また、自宅やピアノ教室にて
3歳〜大人の方まで、後進の指導にあたっている。
立石 和美
岡山県出身
岡山県立岡山城東高等学校普通科音楽系卒業
くらしき作陽大学音楽学部音楽学科モスクワ音楽院特別演奏コース卒業
渡露。チャイコフスキー記念モスクワ音楽院卒業
モスクワ音楽院研究科を経て本科に編入、卒業しディプロマ取得。中学校免許一種、
高等学校免許一種取得。これまでにピアノを中山敬子、落合敦、アンドレイ・ピサレフ、
ウラジミール・オフチニコフ、アルチョム・アガジャーノフ、ヴァレリー・ピヤセツキーの各氏に師事。
伴奏法をヴァレリー・ゲラシモフ、ナタリー・ゴールベバ、室内楽をアレクサンドル・ボンドゥリャンスキー、
マキシム・プルジェンスキーの各氏に師事。2012年帰国後くらしき作陽大学伴奏要員。
現在、ピアノ講師、くらしき作陽大学モスクワ音楽院特別演奏コースの授業、レッスン等の
ロシア語通訳アシスタント、子ども教育学部ピアノ非常勤講師を勤めながら演奏活動を行っている。
立石 和美
岡山県出身
岡山県立岡山城東高等学校普通科音楽系卒業
くらしき作陽大学音楽学部教育音楽学科音楽療法コース卒業
5歳よりピアノを始める。ピアノを馬来美津江、和田晴子の各氏に師事。高校在学中に、
ホームステイで訪れたアメリカ・シェナンドア大学で音楽療法に初めて出会い、学ぶ。
ピアノの演奏技術を磨くと同時に、ホームステイ以来興味を抱いていた音楽療法を学ぶため、
同大学卒業音楽療法士・柿崎次子氏に師事。卒業後は柿崎氏が行う障害児への音楽療法活動に
参加したり、高齢者施設で音楽ボランティア活動も行う。又、管弦学部やミュージカルにも所属し、
多角的に音楽活動に取り組んできた。1児の母でもあり、現在は息子と絵本にお歌をつけたり
ピアノで遊んだりと、”子どもと一緒に音楽を楽しむ育児”を心がける日々を送るとともに、
後進のピアノ指導にもあたっている。
立石 和美
長崎県出身
長崎県立長崎南高校卒業
くらしき作陽大学音楽学部音楽学科管楽器専修(フルート)卒業
幼少よりピアノを始める。これまでにフルートを濱砂由美子、岩崎範夫、関根雅裕の各氏に、
指揮法を志賀保隆氏に師事。大学卒業後、玉野フィルハーモニー管弦楽団トレーナーに就任、
津山消防音楽隊フルート奏者、高鈴岡山オーケストラ(指揮)などで活動。
これまでに吹奏楽、ジャズ、ポピュラー等、様々なジャンルのプレイヤーとコンサート活動を行い、
クラシックの奏法に基づいた優しい音色は各方面からの支持を得ている。
現在は演奏活動と同時に、岡山県内で後進の指導にもあたっている。
【フルートのレッスンについて】
フルートのレッスンについは、こちらをご覧ください。
http://ameblo.jp/flute-conbrio/entry-12146580515.html

【おおもとピアノサロンの生徒による、コンクール出場・受賞暦】
2010年6月のおおもとピアノサロンOPEN以降に、生徒たちが出場し、
尚且つ何らかの賞を受賞したコンクールをご紹介いたします。
・PTNA ピティナ・ピアノコンペティション
・日本クラシック音楽コンクール ピアノ部門 (2年連続全国第5位)
・ショパン国際ピアノコンクール in ASIA
・JPTA 教育連盟ピアノオーディション
・PTC ピアノコンクール
・ブルグミュラーコンテスト (第2位 銀賞)
・上代記念音楽コンクール (カワイ賞)
・PIARA ピアノコンクール (全国大会出場)
・中国ユース音楽コンクール ピアノ部門
・グレンツェンピアノコンクール

Copyright(c) 2010 Omoto-pianosalon. All Rights Reserved.